mu journey vol.01

くろさわじゅんこ× mïndyミキと行く空想アイスランドツアー

Cross Ring ISLAND

アイスランドの島を一周する「リングロード」と呼ばれる環状1号線を

くろさわじゅんこ北ルート 、mi'ndy南ルートにレイキャビークで最後出会う架空の円環の旅。

満月の出からはじまる11日間。

*この旅は2019年以前の過去の旅の画像・動画、体験を元にした架空の設定です。2020年5月現在の旅ではございませんことご了承ください。

This trip is a fictional story and setting based on images and videos of past trips before 2019. Please note that this is not a trip as of May 2020.

概 要

日 程|2020/5/7(OPEN:full moon19:45) - 5/17  

出発地|mun/ch museum内:departure✈︎アイスランド空港

最終地|レイキャビーク(現地解散)

旅行費|ツアー開催記念*FREE

​添乗員|くろさわじゅんこ・ミンディ ミキ

定 員|∞

主 催|無旅ツーリスト mu journey 

アイスランドは、北ヨーロッパ北大西洋上に位置する島国で、共和制を取る国家(アイスランド共和国)である。首都レイキャヴィーク。総人口は約35万5620人。多くの火山、温泉が存在し、地熱発電などに利用している。(ウィキペリアより)

Tour conductor

Nouth route

くろさわ じゅんこ

2012年から関東を中心にパームリーディングをはじめる。

2016年からは、旅をしながら全国へ。

旅で訪れた四国徳島に運命を感じ、2018年に徳島に拠点を移す。

最近、座敷童子に似てきたと良く言われる。

WHY?  ISLAND

アイスランドとの出会い。

直感で旅先を決め、すぐに旅をする。このパターンは必ず収穫がある。直感でアイルランドと決め、ガイドブックも買ったのに、結局、気分が乗らず5年の月日が流れた。なんでだろって思っていた頃、立て続けに観た映画の風景に目を奪われた。

 

わっ、行きたい!!!  調べたら、アイスランドでした。

 

そう、私は勘違いしてた。私の中に浮かんでた国は、アイ(ル)ランドではなくアイ(ス)ランドだったのだ。

数ヶ月後に、無事にアイスランドへ。

その時からアイスランドは、私の聖地となった。

Nouth route

ミンディ・ミキ

空想旅行・ムージャーニー企画。

よく知り合ったばかりの人と旅へ行く。英語を全く話せないのに現地でよく道を聞かれる。

じゅんこさんとは偶然会うことの、数回目にアイスランドに行ってみたい!と毎年行く彼女の旅が重なり2019年5月に同行。今回はその旅を元にオンライン上で再び旅しているようにファンタジーを混ぜながらアレンジしております。

WHY?  ISLAND

あるとき夢で、わたしは一人用の空飛ぶ円盤に乗っていて 木のない平たく横にのびた雄大な岩肌の山が前方に見えた。

操縦できず、どんどん断崖に近づいて、ぶつかる!と思った途端空中に穴が現れ、一瞬にして吸い込まれた。

(行先は地下世界でした・・その地底旅行はまたの回に・・)

後に何かでアイスランドの景色の写真を見た時、あ!夢の場所だ!と思った。​いつか行ってみたい・・

そして地球の割れ目や、むきだしの自然の姿をむしょうに見たくなり、旅立ちました。
 

ー あとがき ー

これはちょうど1年前の 2019年 5月に、くろさわじゅんこさんと旅を共にしたものを基づいて、再びいま旅をしているように重ねてアレンジした架空の旅行記です。

 

” 地球とはどんなところか “ 果てしなく続く大地を肌で感じたくて、アイスランドを訪れました。

 

じゅんこさんはこの数年アイスランドに魅せられた数度の旅を基に、ほぼ現実の展開をしています。

ミンディの方はかなり飛躍したファンタジーになってますが、遭遇した様々なことは実話も多くもあります。旅の神様がいるのだなぁとつくづく思うのです。

 

毎日、今夜の宿にたどり着く。ということだけ決めて、何をするでもなくその道中に出逢う景色にゆだねる旅。

 

 

今回、世界中の行き来ができなくなった状況に、旅というのも閉ざされてしまいました。緊急自粛宣言の翌日くらいからこの空想美術館の構想と同時に空想旅行シリーズもできたらな、ぼんやり思い描いてました。

ちょうどじゅんこさんが今年も行くはずだったアイスランド旅行がなくなった、という話を聞いて、私たちは空想の中で出発することにしました。

依頼の翌日急なスタートだったのもあり、予定調和ではない、出発! 

毎日届けられる、書き出す日記はわたしたち自身が思いがけずの展開となり、普段文章を書きなれない、パソコンと相性が悪い私は、ほぼ現実の仕事や他のやりとりができないという、旅にどっぷりつかった11日間でした。

 

いま、現実も先のことや、行き先がわからない中に、地球の全ての人が体験しています。

時間も空間もゆがんだり、戸惑うことも多い。

でも旅のように、視点を変えて、自分でしかない心地よさを感じてみる。

今まで未知だったことも面白がってみたり、コントロールせずにゆだねてみると

思ってもみなかった発見や、自分の声に気づき、自然に導かれる場所が日常の中にもあるのだろうなぁと思うこの頃です。

 

 

今回、初の試みと急なお誘いにもかかわらず、快く連走してくれた、くろさわじゅんこさん。去年のリアル旅に引き続き、ありがとうございました!

また2019年一緒にレイキャビークで実際合流したミントくんと青葉市子ちゃんも、去年の画像を使用させて頂き、友情出演も承諾に感謝します。

 

この空想旅行シリーズは、今後どなたかの旅に、皆さんも一緒に辿っているような、

様々な展開の空想旅アートをしていきたいと思ってます。

またどこかへご一緒していただけましたら・・

2020年 5月17日  東京 STAY HOME・ミンディ ミキ

 © 2020 by mïndy